業務案内

行政書士業務

会社設立手続の代行

会社設立手続の流れ
1.どのような会社にするかを決める
会社名や取締役など、会社の基本的な事項を、出資者の皆様で話し合って決めます。
2.会社の定款(ていかん)を作る
皆様で決めた基本事項を、会社の憲法ともいえる「定款」という冊子にまとめます。
当事務所では、「電子定款」に対応しているため、定款印紙代4万円は不要です。
定款をお客様ご自身で作ると4万円の印紙代を支払う必要があります。
3.法務局に提出する書類を作る
法務局に会社名や所在地などを登記し、会社の印鑑を登録するための書類を作成します。
4.公証役場で電子定款を受け取る
本店所在地の近くの公証役場で電子定款を受け取ります。
5.法務局に書類を提出する
本店所在地の近くの法務局へ書類を提出します。
6.法務局で登記簿謄本や印鑑証明書を受け取る
会社設立日から1週間ほど経ちますと、法務局で会社の登記簿謄本を受け取れます。
これを取得して初めて会社の銀行口座が開設できます。

※当事務所では、設立前のご相談にも親身に対応いたします。

会社設立に必要な代行費用

【株式会社の設立】

  ご自身で手続する場合 当事務所が代行する場合
定款認証 50,000円 50,000円
収入印紙代 40,000円 0円
定款謄本等 2,000円 2,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
代行手続料 0円 20,000円
242,000円 222,000円
ご自身で手続きするよりも20,000円お得!

【合同会社の設立】

  ご自身で手続する場合 当事務所が代行する場合
定款認証 0円 0円
収入印紙代 40,000円 0円
定款謄本等 2,000円 2,000円
登録免許税 60,000円 60,000円
代行手続料 0円 20,000円
102,000円 82,000円
ご自身で手続きするよりも20,000円お得!
代行手続のためにご準備いただくもの
  • 印鑑証明書(個人)
  • 会社代表社印
  • 資本金振込用通帳(個人)
設立後の手続

税理士・社労士・行政書士の資格を有しておりますので、以下の手続きを全て当事務所にご依頼いただくことも可能です。

《届け出書類》

1.税務署
法人設立届出書
青色申告承認申請書
給与支払事務所等開設届出書
源泉所得税納期特例承認申請書
棚卸資産 評価方法届出書
減価償却資産 償却方法届出書
2.県税事務所
法人設立届出書
3.市役所
法人設立届出書
4.社会保険事務所
新規適用届
被保険者資格取得届
保険料口座振替納付申出書
5.労働基準監督署
労働保険関係成立届
概算保険料申告書
6.公共職業安定所
雇用保険適用事業所設置届
雇用保険被保険者資格取得届

許認可手続代行

  • 運送業許可申請
  • 建設業許可申請
ページの先頭へ