業務案内

社会保険労務士業務

就業規則の作成

常時10人以上の労働者を使用する使用者には、労働基準法で就業規則の作成・届出が義務付けられています。
労使トラブルを未然に防ぎ、経営者の皆様が安心して事業を継続するために必要な就業規則を提案し、作成・届出を代行します。

社会保険・労働保険手続きの代行

会社が成長して社員が増えたために、社会保険や労働保険の手続きが経営者様や総務部門ご担当者様の負担になるケースが多くあります。
社会保険労務士に全てアウトソーシングすれば、専門の担当者は不要となり、会社の成長に必要な業務に人員を投入することができます。

給与計算

給与計算には、所得税、住民税、社会保険、労働保険の計算が必要ですので、本来は税金の専門家である税理士と社会保険・労働保険の専門家である社会保険労務士の両方の資格があって初めて責任をもってできる業務といえます。
当事務所にお任せいただければ、税制や法令改正への対応も万全です。

助成金申請

新規雇用や育児介護休業については中小企業が利用できる助成金制度が多くあります。助成金制度をうまく活用すれば、コストを節減して効率的な採用・人材育成が図れます。知らないともらえない助成金制度。
詳しい内容はお問合わせください

事業主労災保険

本来は労災保険の対象とならない経営者の皆様も、当事務所の顧問先であれば「労働保険事務組合三重SR経営労務センター」を通じて、労災保険に特別加入することができます。
大切な経営者の皆様ご自身の労災保険加入は、事業の継続に不可欠な対策です。

ページの先頭へ